F1第5戦スペインGPリザルト

この金曜日から日曜日にかけて、F1第5戦スペインGPが行われました。

 

予選のQ1,Q2を危なげなく突破したフェラーリチーム。

ポールポジションをかけたQ3は、メルセデス勢とフェラーリ勢はまたも熾烈なポールポジション争いを繰り広げました

 

予選のトップ5は

 

1 L.ハミルトン(GBR)     メルセデス   1'19.149

2 S.ベッテル(GER)      フェラーリ    1'19.200

3 V.ボッタス(FIN)       メルセデス   1'19.373

4 K.ライコネン(FIN)      フェラーリ   1'19.439

5 M.フェルスタッペン(NED)  レッドブル   1'19.706

 

なんと1位ハミルトンと2位ベッテルの差はわずか0.051秒!

100分の1秒を争う大接戦でした。

そして14日に行われた決勝レース。

注目のスタートはベッテルが好スタートを見せ、ハミルトンを凌ぎ1コーナーへ。

後方ではライコネンとフェルスタッペンが接触!双方ともリタイアを余儀なくされました・・・。

メルセデスのボッタスも39週目にマシントラブルでリタイア。

トップを争っていたフェラーリとメルセデスの一騎打ちの結果は・・・

 

1位 L.ハミルトン(GBR) 25ポイント

2位 S.ベッテル(GER)    18ポイント

3位 D.リカルド(AUS)     15ポイント

 

 

惜しくも優勝を逃したベッテルですが、堂々2位

ドライバーズランキングでも首位をキープしています。

 

さて、皆さんはこの話をご存知でしょうか。

 

リタイアを余儀なくされたフェラーリのライコネン。

ぶつけられリタイヤしたライコネンを目の当たりにした6才のトーマス・ダネルくんの号泣する様子が国際映像で一瞬流れました。

トーマス君の泣き方があまりにも可愛らしく、純粋なフェラーリ・ファンの少年である印象が見えた瞬間でした。

その後、レースは佳境に入っていくのですが、放送の途中。 

そんな少年に最高の出来事が。

フェラーリはそんな少年を探し出し、トーマス・ダネル君と両親はフェラーリ・ガレージに特別招待され、キミ・ライコネンと対面を果たしました。写真撮影や特別なプレゼントももらい、最高の時間を過ごしたとのことです。

 

トーマス君にとって障害忘れられない最高の1日になったでしょうね♪

ライコネンやフェラーリチームの心意気に多くの人々が賞賛し、少年の笑顔に世界中が安心した、そんな出来事でした。

 

 

次戦の第6戦モナコGPは、5月25(木)〜28(日)に

モンテカルロ・市街地コースで行われます。

 

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知)

2017/05/16(Tue) | F1
フェラーリ・ロータス正規ディーラー『エムオート』