50年前の土曜日のロードデビューを祝う
 
マラネッロにて2018年7月2日 - 世界中からの150台以上のディーノと300人以上のお客様が、6月30日土曜日にMaranelloのFerrari本社に集まり、最初の生産車のデビュー50周年を記念したイベントを開催しました。

世界で最も愛され、最大の売り上げを記録しているフェラーリの1つであるディーノ。
の開発はかなり長い計画でした。

エンツォフェラーリの息子が設計した6気筒エンジンを搭載したこのサルーンは、1965年10月のパリモーターショーで最初にプロトタイプとして発表されました.1年後の1966年にはトリノモーターショーで展示され、更に1年後の1967年11月にフランクフルトモーターショーにて正式な発表が行われました。
 

 

 

 

2017年は記念すべきイベント 「フェラーリ70周年」の為、Dinoの記念イベントはローンチ日にすることが決定されました。

したがって、1968年6月土曜日が最初のモデルのロードデビュー。
 
この50周年イベントの第一号車はフェラーリミュージアムのエントランスに8時30分に到着し、その後、Fioranoサーキットに向かいました。

1時間後、全ての顧客グループが同じ経路をたどりフィオラノサーキットでのパレードを行い、ドローンなどを使用したすばらしい写真を撮りました。
 

正午にディーノは工場に入り、そこで顧客に特別なファクトリーツアーが行われました。

午後の終わりに、Via Abetone Inferiore(フェラーリ正門前の通りの名前)の歴史的な入り口のアーチの下で、伝統的なドライブ、忘れられない一日が終わりました。

これからも様々な歴史のあるFerrariの記念日があるかと思います。
 
お近くのディーラーにていつでも情報が取り寄せられるようにされることをお勧めいたします。
 
あなたの「Ferrari」はあなたの大切な相棒ですから

2018/07/03(Tue) | Dino
エムオート