表情の違うCalifornia T

エレガント&スポーティーがコンセプトのCalifornia T ですが、

ボディーカラーや装飾で違う表情を見せてくれます。

 

たとえば・・・

 

グリジオアロイ×クレマ

海や空のような爽快な色合いのグリジオアロイ。

内装は、エレガントなクレマにブルースターリングが

アクセント!!

そして、レザー×アルカンタラにダイアモンドパターンが

施してあります。

気品のあるセンスの光る1台です。

 

グリジオシルバーストーン×ネロ

グリジオシルバーストーンが放つ優雅な存在感。

内装は、ネロで外装色と統一感を・・・

フロント・リアシート・ドアパネルには、

ダイアモンドパターンが採用され

ステッチは主張しすぎないように

あえて色は入れておりません。

差し色のレッドキャリパー効いています。

大人の余裕を感じられる1台です。

 

ビアンコイタリア×ボルドー

特別塗装のビアンコイタリア。

パール塗装は、California Tのフォルムを

美しく魅せてくれます。

華やかさを併せ持ったボルドー。

ダッシュボードエアベントにもアルカンタラのボルドーで統一。

ラグジュアリーで上質な雰囲気の1台です。

あなたは、どのCalifornia T がお好きですか?

 

 

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知) 

2017/10/29(Sun) | California T
F1第18戦メキシコGP開幕!

F1グランプリ2017年シーズンも残り

メキシコ、ブラジル、アブダビの3戦を残すのみとなりました。

 

スクーデリア・フェラーリ2-3フィニッシュを飾った

前回のアメリカGPから、南隣のメキシコに舞台を移しています。

 

コースは

『アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス』

メキシコの首都メキシコシティにあるサーキットです。

 

サーキット名称はメキシコの名レーサー

ペドロ&リカルド・ロドリゲス兄弟から名付けられています。

エルマノスは"兄弟"、アウトドローモは"サーキット"という意味です。

 

標高約2,300mほどの高地にあるため、空気が薄くダウンフォース量が

減少するため、いつもとは異なる特殊なセッティングが求められます。 

 

 

全長は4.438km、コーナー数は17、決勝レースは71周で争われます。

 

見どころは最終コーナー『ナイジェル・マンセル・ターン』

長いホームストレートに続くため、

ここでの立ち上がりがタイムに大きく影響してきます。

ホームストレートでのオーバーテイクでも非常に重要です。

 

この名称は、1992年にここで素晴らしいオーバーテイクを披露し、

見事優勝したナイジェル・マンセルからとったものです。

 

ぜひ中継で注目してみてください!

 

そして、本日13:20〜公式予選が行われました。

 

スクーデリア・フェラーリの結果は・・・

 

第1位 セバスチャン・ベッテル   第5位 キミ・ライコネン

 

ベッテル、最高のラップを叩き出しました!

しっかりとマシンをコントロールし、限界ギリギリまで攻めたラップでした。

走り切った直後のガッツポーズには感動しました。

 

ライコネンはラップをまとめ上げるのに苦労したようですが、

レースでは5位から巻き返しを図っていきます。

 

明日はいよいよ決勝。

アメリカGPのようにダブル表彰台を期待しましょう!

 

ベッテルはしっかりポジションキープ。

ライコネンは2台以上をオーバーテイクすることが必要です。

 

彼らの素晴らしいパフォーマンスのために、

皆さんでスクーデリア・フェラーリを応援しましょう!

 

決勝レースは

日本時間10/30午前3:30〜の放送です。

 

フェラーリ正規ディーラー エムオート・イタリア

(広島・岡山・山口・島根・鳥取・愛媛・香川・徳島・高知) 

2017/10/29(Sun) | F1
エムオート